Profile

 高知県出身。名古屋芸術大学音楽学部声楽科卒業。
 高校在学時に垣内祥子教諭の指導のもと上演された、歌劇「手古奈」(鹿丸)で初舞台を踏む。
 00年に出演のカトリックオペラ「二十六人の殉教」(ペトロ助次郎)でデビュー。02年、名古屋芸術大学第24回オペラ公演、オペラ「フィガロの結婚」にアルマヴィーヴァ伯爵役で出演。
 02年には、芸団協中部協議会20周年記念合同公演へ抜擢され、演劇「堀川端物語」(伊集院英次)で現代演劇に、翌年には「宙の会」(名古屋市)のミュージカル「H・C・A(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)」(エドワールほか)でミュージカルに、それぞれデビューを果たす。
 04年渡伊。ミラノ音楽学校にて2年間、声楽と舞台芸術を学ぶ。この間、同校主催の各種コンサートや、オペラ「ジャンニ・スキッキ」(マルコ)、「ドン・パスクアーレ」(マラテスタ)、「イル・カンパネッロ」(ドン・ハンニバル)に出演。また在伊中、ガッララーテでのオペラ「清教徒」(ヴァルトン卿)、「蝶々夫人」(神官)、「椿姫」(ドビニー侯爵)、ミラノでのモーツァルト戴冠ミサにバリトンソリストとして出演。
 帰国後の12年、「夢遊病の女」(アレッシオ)で藤原歌劇団にデビュー。同団ではこのほか、本公演「椿姫」(ドビニー)、「仮面舞踏会」(シルヴァーノ)、新人育成公演「イル・カンピエッロ」(アンゾレート)、帝国ホテル主催公演「ラ・ボエーム」(ショナール)、文化庁主催「次世代を担う子供の文化体験授業」の「魔笛」(パパゲーノ)等に出演している。
 また、日本オペラ協会の「魅惑の美女はデスゴッデス!」(やくざの兄貴分ほか)、「高野聖(初演)」(薬売り)、「よさこい節」(行基上人)、関西二期会の「ファウスト」(ヴァレンティン)に出演するなど、国内の主要オペラ団体に出演を重ねている。

 その他の主な出演作に、オペラ「愛の妙薬」(ドゥルカマーラ)、「ランメルモールのルチア」(エドガルド)、「ジャンニ・スキッキ」(ジャンニ・スキッキ)、「ヘンゼルとグレーテル」(お父さん)、「チップと彼の犬」(グレゴリー、メッセンジャー)、「ひかりのゆりかご」(白鳥雅行)、ミュージカル「シンデレラ」(王子)、「サウンドオブミュージック」(トラップ大佐、ロルフ)、「アニー」(ドレイク、ルースター)、演劇「アーニーパイル」(三田村武彦)、「トランス」(立原雅人)、「白鳥の歌」(スヴェトロヴィードフ)、「命を弄ぶ男ふたり」(眼鏡をかけた男)がある。また、朗読や語り部としての舞台へ出演するなど、ジャンルを越え、多岐に渡る舞台活動を展開している。
 下八川圭祐記念第34回高知音楽コンクール下八川賞1位。
 これまでに声楽を、澤脇達晴・小山陽二郎・加賀誠二・Carla Vanniniの各氏に師事。
 藤原歌劇団団員。藤原歌劇団ヴォーカルアンサンブル「Quattro Aria」メンバー。相模原音楽家連盟会員